Delicious way

by Bicycle

カテゴリ: 戯言

224
ゴールデンウィーク終わっちゃいました。
混雑が嫌なのであえてこのGWに行楽地とか遠出をしたりはしてません。
ですが、家にいてできること。やろうやろうと思ってても手を付けられずにいた自転車部屋の改造を進めることができました。既存の棚を撤去して2×4木材とかを使ってのコンパクトな机や棚の設置です。これで狭い部屋をさらに有効に使えるようになりました。これをやるのも来るべき固定ローラー台の導入を見越してのことなのです!
225
GW中で1日はどこかに走りにいこうと思っていましたが、結局は地元になりましたw。
ワンパターンもなんなので少しアレンジして今日は荒サイの右岸戻りです。風もないのに久々の右岸ライドはけっこうコタエマシタ・・ww朝霞水門手前の坂を登る手前からヨロヨロでしたww。

1号機は嫁さん通勤用の電動アシスト自転車です。
一昨日の朝に家をでようと駐輪場から1号機を出したら
後ろのタイヤがぺしゃんこだったそうです。
なんで、その日の夜タイヤをばらしてみたんですけど
損傷や異物等が見つからなくて、バケツに水を入れて
チューブを沈めたりしても損傷個所を見つけることが
できませんでした・・。
エアを入れてみても変な音も聞こえてこないし、
すぐにエアが抜ける気配もありません。
その後、5~6時間後くらいにタイヤをみてみると微小にエアが減ってるような・・
翌朝みてみるとペシャンコにはなってはいなかったですけど
明らかにエアが抜けちゃってました。
スローパンクチャーってやつでしょうか・・
実はこのタイヤけっこう丸坊主です・・センター部分の溝が消えかかってます。
159
タイヤとチューブを交換することにしました。
でも、1号機は20×2.00(48-406)というサイズで、
物色してみると選べるタイヤがほぼない感じです。
いま履いてるのとほぼ同じパナレーサーのパンクガードマンか
シュワルベのマラソンで検討して
結局同じじゃつまらないのでマラソンを選びました。
160
価格も納期も最善なヨドバシで注文しました。
リムテープだけは欲しいのがヨドバシになくてアマゾンで注文したんですが、
本日配達予定のとこ夜8時くらいになっても来ないのでカスタマーセンターに
問い合わせたところもう少し待ってみてくださいとのこと、、
早く修復したいのでリムテープ待ち状態で作業を開始しました。
普通の自転車のタイヤをはずすのはかなり久々です。
ロードバイクのタイヤ外しに比べて、
いろいろとゴチャゴチャついていて大変ですねw
しかも電動アシスト車の重さときたら半端ないですww。
ロードバイクのあの軽さに慣れちゃうと拷問級w。
161
22時になってもリムテープ来ないんでリムテープは今回交換なしで、
組付けちゃうことにします。ホイールこんな小さいのに激重ですw。
これこそが鉄下駄って感じですよ!!前から思ってたんですけど、
半年前くらいにミストラルを入手した時は、車体の軽さに驚いたのと、
ついてたホイール。シマノのR500の軽さにも驚愕しましたからw w
R500はよく鉄下駄呼ばわりされてますけど、
自分的にはR500を鉄下駄と呼べる気にはなれないです。まだ?www
162
組付け完了です。
163
モーター部分。
こんなのがあるから激重なんすよね~。
アシストしてくれるのも24キロまでで、
その先の速度で走ろうと思ったら重い車体を
自力で漕がなきゃいけないから高速巡行はアウトですよね。
電動アシスト自転車よりクロスバイクとかのほうが
軽くて坂道も楽チンだし疲れないと思うんですけどね~
でも女性にしてみるとトップチューブがあるせいで
スカートじゃ乗れないのでアウトみたいですww。

自転車部屋ですけど、
その後大幅なバージョンアップを果たしました。
 81
もともと狭い部屋にロードバイク2台をおいてさらに窮屈にしたのを
解消というか、物置き性能のさらなるパワーアップを目指して、
ロフトベッドを導入しました。これならロードバイクの頭上にも
いろいろと物を置けてなかなかいい感じです。
それと床には、整備とかで汚れやゴミがでてもいいように、
アストロプロダクト製のマットを敷いてあります。 
奥の壁際にはネットをくっつけて小物をぶら下げれるようにしました。
で、ここで自転車いじりをしてみると、照明の明かりが
上に乗っかってる荷物にさえぎられて暗いです。

80
なんでLED蛍光灯ランプを上に設置しました。
それと洋服ハンガーを廃止にしてフック式サイクルスタンドにしました。
大型液晶時計もww

けっこういい感じになったかも


過去記事
自転車部屋 その1
自転車部屋考察
 

いやー降っちゃいましたね。雪。
朝は小降りだったから2号機で通勤したのです。
21時。外に出てみると・・けっこう積もってます。
でも家に早く帰りたかったから、強行突破を選択。
路上には立ち往生してるクルマや、
牽引してもらってるクルマがいます。
15cm~20cmくらいはつもっているとこは、
2号機だと進むのもままならず、なんとか
クルマが通ったワダチをたどっていったけど、
ふらついて落車しそうに何度もなった。
こりゃあ家に帰るまで何回落車しちゃうかな?と
思いつつも普段は5分の道を6倍の30分かけて
無事帰宅することができた。落車なしで!
鍛えられちゃってんの?もしかして?体幹?
のわけないかwww。
63
64
雪でぐちゃぐちゃになった2号機



ロードバイクを部屋ナカに置くようになって、
今後バージョンアップを検討中であります。

 
上画像にあるみたいにいろいろあるんすよね~。
ロードバイクを引っ掛けたり載せたりするもんって。
どーしよっかなー。


過去記事  自転車部屋 その1 

↑このページのトップヘ