Delicious way

by Bicycle

カテゴリ: CAAD12

予定通りハンドルとステムの交換です。

384
Deda ZERO100 SHALLOW アルミ 42cm

コンパクトタイプかシャローにするか悩みました。
今まで使ってたのと違うタイプにしてみるのが
面白そうなのでシャローにしました。
サイズは42CM(外×外 ※芯×芯だと40cm)。
前のハンドルよりひとサイズ小さくしました。
Dedaのハンドルサイズ表記は『 外×外 』です。
検討している方はご注意ください!

385
Deda ZERO2 80mm アルミ

ステムは前のキャノンデールC3が90mmだったんですけど、
少し手前にハンドル持ってきたいかなと感じてたんで
10mmマイナスの80mmを試してみることにしました。
Dedaのハンドルは一般的に他社が直径31.8mmのところを
31.7mmなんていう微妙なサイズなんです。
0.1mm差なんで通常の31.8mmステムも使えそうですが、
今回はサイズ変更もあるのでステムもDedaのものにしました。


重量計ってみました。

キャノンデールC3ハンドル 320g
キャノンデールC3ステム 107g
合計 320+107=427

Deda ZERO100 SHALLOW 250g
Deda ZERO2 ステム 129g
合計 250+129=379

キャノンデールのC3ステムが思いのほか軽量でした・・
C1ステムの重量が気になるところです。
ステムはDedaのほうが少し重くなりましたが、
ハンドルが軽量なおかげでトータルでは
48gの軽量化となりました。


386
だいぶ変わりました!
バーテープも新しいの買ったんですけど、
ケーブル交換の時に一緒に交換するので今回は
仮で古いバーテープを巻いときました。

387
雰囲気かわっていい感じです。

373
サドルはPROのステルス(142mm)にしました。
アマゾンで購入しました。
他の通販等はみんな在庫なし(2018/10/16現在)のところ
アマゾンだけ在庫ありでした。さすがです。





実は最初は上画像のスペシャライズドの『S-WORKS POWER』が
いいなと思ってたんです。でもけっこういい値段(28,080円)するんです。
そんな時に見つけたのがPROの『ステルス』。


プロ(PRO) ステルス サドル 142mm
プロ(PRO)
売り上げランキング: 36,745


よく似てますww。
そしてなにより価格(12,480円 by amazon)が安い。
カーボンじゃないですけど・・
約半値ですよ!!半値!!!
これに決めました!!!!!



375
重量測定。203gです。
メーカーサイトで公表されていた重量は205gです。
2g得しましたww。
カーボンモデル(142mm)は172gで約30g差あります。
ちなみにS-WORKS POWER(143mm)が159g

376
Selle Royalの『Seta S1』は256gでした。
53gの軽量化になりました。

377
今日少し走ってきました。
『ステルス』は最初座ってみると『Seta S1』より
硬く感じました。これは座骨とか痛くなるんじゃないかなと思いました。

実際にライドしてみるとサドルを変更した違和感は
あまり感じません。形状が若干似ているからでしょうか?
本領を発揮したのはやはりあの中央の窪みです!
TTモードで下ハン持ったりして深く状態を沈めた時に
股間への圧迫感が激減されました!期待以上です!
楽チン?になりましたww。

あとは気のせいかダンシングが軽くなったような・・
53gの軽量化が効いてるのか?

座面が硬くて危惧していた座骨まわりの痛みは
とくに発生しなかったです。
まあ今日は走行距離が30km程度だからなのかもしれないので、
これに関しては様子見です。

とりあえずファーストインプレッションはそんなところです。
気に入らなければ30日間以内なら返品に応じてくれるとのことですが、
結構いい感じなので返品はなしです!
またなにか感じたことがあれば追記します。



PRO ステルスサドル メーカーサイト
https://www.pro-bikegear.com/global/ja-jp/road/saddles/PRO_SA_STEALTH



おまけ
374




(関連記事)
PRO ステルス ステンレスサドル その後①

372
購入してから1年超となり、そろそろいじっちゃおうかなと。
ホイールとタイヤ以外は購入したままで乗ってきました。
まずハンドルなんですけど、現在は幅が芯×芯で42cmあります。
キャノンデールのC3ってやつです(数字が小さくなるほどグレード高です)
だいたい肩幅サイズで乗るのが一般的とすれば自分には少し広め?
バーテープも白色で汚れも目立ってきたしほつれもあります。
ということで、ハンドルの変更とそれにあわせてステムもかえちゃいます。

371
サドル!
いまのがSelle Royalの『Seta S1』です。
ここも変更します。

あとはチェーンとシフト&ブレーキケーブルですかね。
嫁さんのCAAD8をSORAから105に組み替えて、
105が2台あるわけなんですけど、
変速時のレバーの軽さがCAAD8のほうが圧倒的にいいんです。
1年間我慢して使ってきましたがようやくいじることにします。

ほんとはホイールも軽量なものが欲しいんですけど、
今回は予算に限りもあるのでまたの機会に・・


ハンドルとステムは海外通販です。
サドルやらその他小物はアマゾンでしょうか。


つづく

307
キャノンデール横浜ベイサイド店で買ってきた
ディレーラーハンガーです。税別3000円也。

308
品番:KP255

310
左:旧品、右:新品
よくみると形が少し違います。。。


309
気になって重量も計りましたが同重量です。


ミストラルの時は目視で変形が確認できましたが、
今回は変形が確認できません。
しかし、交換後は変速の調子がよくなりました。
やはり歪んでたんでしょうか?

ミストラル同様、もっと安価で入手できればいいんですが、、

激安サイコンのエンキーオ(ENKEEO)。
箱の中はこんな感じです。
121

取説らしきものがついてるけど、YouTubeのメーカー公式チャンネルっぽいとこの
動画を参考に設定と取付をやった。



参考までに実際に装着しての走行画像です。
漕ぎだしとか足を止めた時のタイムラグがわかると思います。



ケイデンス計測ですがタイムラグはそれなりにあると思いますが、
この価格だし許容範囲じゃないかと・・

122
ケイデンス計測磁石は2種類あるうちのボタン式3段を使用です。
両面テープとかでくっつけるわけじゃなく磁力でくっついてるだけです。
ケイデンスセンサーはチェーンステーから出っ張らないようにくっつけました。


123
車速センサーは下向きにしました。

こないだの雪後ライドの実戦投入では、
数キロは?ケイデンスも車速も順調に表示されてましたが、
いつのまにかケイデンスが漕いでいるのにゼロ表示です。
一回止まってセンサーを少し動かしてみてもゼロはかわらず・・
芝川CRに入る前に止まって、さらにギリギリまでセンサーと磁石の
位置を詰めてから走りだしてみた。
すると、再びケイデンスの表示が正常に戻りました。
あー良かった。ハズレ商品だったかと思っちゃいましたよww

124

隙間ギリギリ...

センサーの向きに問題ありかもしれないですね。
取説や動画みるとチェーンステーの横に
はみ出させてくっつけてますからね。しばらく様子見ます。

サイコンの精度ですけど、車速や走行距離に関しては
Iphoneで併用運用してるStrava(タダ会員)の数値をみる感じ
誤差はそんなに感じないです。
とりあえずはケイデンスが見れるようになりました。

使っててなにかあったら追記予定。


関連記事
エンキーオがきた
激安サイコン エンキーオその後


↑このページのトップヘ