Delicious way

by Bicycle

392
去年に続いてサイクルモードを見に行こうと
職場の後輩を誘って幕張まで
向かいましたが無念のリタイヤww
荒サイを走り始めて10km過ぎたころ
リアをシフトアップしていたら急にスカスカに・・
チェーン落ち?と思い止まって確認してみたら
なんとシフトワイヤー切れ。
申し訳なかったけど後輩には単独で幕張に向かってもらい、
自分はインナーハイ固定でUターンして帰りました。

393
帰ってから確認してみたらこんな感じでした。
シフトレバー内のケーブル末端付近で断裂です。
ロードに乗り始めて1年と少しですけど
出先で初めての機材トラブルです。
がっくり・・・・。

391
PROステルス装着後、1か月未満。
実走で150.7km。
ローラー台で308.8km。

股間への圧迫感のなさは圧巻です。
初期に感じたままです。
前傾姿勢を強めた時にほんとに楽です。

最初のインプレで座骨が痛くならないと
書いたんですけど、同じ座骨?なんでしょうか?
前のサドルの時には、座骨の外側
一番出っ張っている大きい骨部分が
痛かったんですけど、
こんどは股間寄りの側端部分?
内側部分に痛みがでます。


慣れれば解消されますかね?
少し様子を見てみます。

あと、自分は今までパッド付のパンツを敬遠
してたんですけど、試してみようかなと思ってます。




(関連記事)
CAAD12(ver.2)アップデート【PRO ステルス ステンレスサドル】

予定通りハンドルとステムの交換です。

384
Deda ZERO100 SHALLOW アルミ 42cm

コンパクトタイプかシャローにするか悩みました。
今まで使ってたのと違うタイプにしてみるのが
面白そうなのでシャローにしました。
サイズは42CM(外×外 ※芯×芯だと40cm)。
前のハンドルよりひとサイズ小さくしました。
Dedaのハンドルサイズ表記は『 外×外 』です。
検討している方はご注意ください!

385
Deda ZERO2 80mm アルミ

ステムは前のキャノンデールC3が90mmだったんですけど、
少し手前にハンドル持ってきたいかなと感じてたんで
10mmマイナスの80mmを試してみることにしました。
Dedaのハンドルは一般的に他社が直径31.8mmのところを
31.7mmなんていう微妙なサイズなんです。
0.1mm差なんで通常の31.8mmステムも使えそうですが、
今回はサイズ変更もあるのでステムもDedaのものにしました。


重量計ってみました。

キャノンデールC3ハンドル 320g
キャノンデールC3ステム 107g
合計 320+107=427

Deda ZERO100 SHALLOW 250g
Deda ZERO2 ステム 129g
合計 250+129=379

キャノンデールのC3ステムが思いのほか軽量でした・・
C1ステムの重量が気になるところです。
ステムはDedaのほうが少し重くなりましたが、
ハンドルが軽量なおかげでトータルでは
48gの軽量化となりました。


386
だいぶ変わりました!
バーテープも新しいの買ったんですけど、
ケーブル交換の時に一緒に交換するので今回は
仮で古いバーテープを巻いときました。

387
雰囲気かわっていい感じです。

↑このページのトップヘ